1月<内村鑑三「一日一生」現代語訳

 

1月26日~1月31日

(2017年2月4日更新)

 

このページは、山本泰次郎、武藤陽一編『 一日一生』(教文館、1964年)を現代語化したものです。

【1月28日】まことに、今日のような(荒海の上をイエスと共に歩む)

弟子たちは、イエスが海の上を歩いておられるのを見て、幽霊(ゆうれい)だと言っておじ惑(まど)い、恐怖のあまり叫び声をあげた。

 

しかし、イエスはすぐに彼らに声をかけて、「しっかりするのだ、わたしだ。恐れることはない」と言われた。

 

するとペテロが答えて言った、「主よ、あなたでしたか。では、わたしに命じて、水の上を渡ってみもとに行かせてください」。

 

イエスは、来なさい」と言われたので、ペテロは舟から降り、水の上を歩いてイエスのところへ行った。(マタイ福音書 14:26~29 口語訳、語句を一部変更)

まことに、今日のような不安な世〔の中〕はない。

現代社会は〕どの方面を見ても、底なしの泥海のようなありさまである。〔まさに、大きな行きづまりである。〕

政治、経済、教育、宗教、どれ〔をとって〕も不安である。〔今や、〕社会は、その根底から覆(くつがえ)されようとしている。

 

もし人が単に社会的生物であって、人は社会と〔その〕運命をともにすべきものであるならば、社会が〔崩れ〕去るとき、必然的に、われらも社会とともに永遠の深淵(しんえん)に〔滅び〕去るほかない。

そう考えるとき、生きること自体が、耐えがたい苦痛〔となるの〕である。

 

だが、動揺(どうよう)きわまりない世の荒海(あらうみ)の上を、神の子〔イエス〕は静かに歩まれる

そして、信仰の眼をイエスに注ぐ時、われらは彼と共に〔苦難の荒〕海の上を歩くことができる

それゆえ、〕われらは〔ひたすら〕イエスを仰(あお)ぎ見るべきである。周囲に目をくばるべきではない。

 

そうすれば、〔たとえ〕千人はわが右に倒れ、万人はわが左に倒れても、イエスに頼るわれらは安全である〔。

われらに、苦難に対する勝利を与えてくださるからである〕。

(信8・165、1909年)

§ § § §

詩歌30八木重吉〖ひとすじの道〗ユー・レイズ・ミー・アップ

♢ ♢ ♢ ♢

- 006 -

© 信州聖書集会 All rights reserved.