キーワード検索

December 30, 2015

夢ある者に    理想あり、
理想ある者に 目標あり、
目標ある者に 
実行あり、
実行ある者に 成果あり、
成果ある者に 喜びあり

 

■聖書のことば

「この後(のち)、わたしは(注1)
わが霊をすべての者に注ごう。
〔すると、〕君たちの息子・息女
(むすめ)は預言し、
君たちの年寄りは夢を見、

君たちの若者は幻を見る。」

(旧約聖書ヨエル書3章1節、関根正雄訳)

 

注1 神ヤハヴェのこと。


祈り 《神さま。私が、人生と世界の現実をしっかと見すえつつ、しかも、あなたの霊の導き(啓示)によって確固たる夢と希望を抱(いだ)き、喜びをもって前進することができるようお導きください。アーメン。》

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

December 20, 2015

ものごとは実際に出会ってみると、それまで考えていたものとは全然ちがっているということがよくある。


遠くから見ると解決不能と思われる問題も、実際に直面し、解決せざるを得ないとなると、不思議に解決策が見つかるものである。


「とてもできない」と言っていたことが、どうしてもやらねばならいとなると、なんとかできるようになるというのは、実に不思議なことである。


エジソンは言った、「困難なことと不可能なことの違いは、不可能なことの方が、少しばかり余計に時間がかかるというだけのことだ」と。


不可能と見えたことも、いざやらねばらなないとなると、なんとかやることができる。人生には、しばしばこういうことがある。

このことは、われわれに励ましを与える。

 

●ただし、その際に最大の障害となる、われわれの内なる敗北主義に注意が必要である。

敗北主義の声は、いつも、「そんなことは無理に決まっている」と言うからである。


17世紀イングランドの王党派詩人ジョン・サックリング(John Suckling 1609-1642)は、青白い顔をして絶望している青年に対して、健全な忠告を与えている。

 

明るい顔が彼女〔の心〕を動かさぬとき
暗い顔なら動かすのか?

 

しかし、キリスト者は、楽観主義者のはずである。なぜなら、神の恩恵が彼の後ろ盾(だて)だからである

 

将来の、耐えがたく見える悲しい出来事も、実際に出会ってみると、案外(あんがい)耐えられるものだ。


人の不幸を見聞し、それと同じ事が自分の上に起こったなら、自分はとても生きていけないだろうと思うことがある。

だが、実際は、なんとか生きていけるものである。


実際に、ぶつかってみなければどこまで耐えられるか、前もって誰にも分からない。

また、神の助けがどのようなものかは、実際の絶望的な状況の中から神を呼んでみなければ、分からない。


■この問題について、イエスは、わたしたちに対し同情に溢れた教えを語っている。


明日のことを心配するな。明日は明日が自分で心配する。一日の苦労は、その日の分で十分である」(マタイ:34)

 


祈り 《神さま。わたしの人生に対するあなたの聖計画(ごけいかく)と導きに信頼し、明日のことを思いわずらうことなく、今日与えられた仕事と課題に力を注いで歩むことができるようお導きください。アーメン。》

 

(参考文献 D.Duncan: Through the Year with William Barclay Devotional readings for every day,1971)

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

December 13, 2015

イエスは、人間の力と美を見抜く能力を持っておられた。


イエスは、ペテロのような激情の人の中にエクレシア(信仰共同体)の柱石を見た。


また、ヤコブとヨハネの兄弟には「雷の子」というあだ名があり、激しい気性の人たちだった。しかしイエスは、彼らにエクレシアの支柱になる人物を見出した。雷の子は「愛の使徒」となったのである。


トマスは、徹底した懐疑家だった。しかし、イエスは彼をご自分の片腕に選んだ。


ザアカイは、エリコの徴税人(ちょうぜいにん 注1)の頭(かしら)で、人々から《罪人(つみびと)》と呼ばれ、皆に嫌われていた。しかしイエスは、彼の家に泊まられた。


社会から「裏切り者」と呼ばれた、マタイのような徴税人を仲間に加えた者はいなかった。しかしイエスは、彼を自分の弟子にした。


■イエスは、どんな人間の中にも隠れた力と美しさを見出す人だった。

そして、イエスはすべての人の魂の中に眠っている勇者を覚醒させる力を持っておられた。

 

祈り 《主よ、身をあなたにお捧げします。

どうか、私の中の隠れた賜物(たまもの)を見出し、御用(ごよう)のために用いてください。

私もまた、主に倣(なら)って、隣人の隠れた力と美を見出すことができるよう、お導きください。アーメン。》

 

 

 

(参考文献 D.Duncan: Every Day With William Barclay Devotional readings for every day,1973)

 

注1 徴税人(ちょうぜいにん)
ローマ帝国の支配下にあったユダヤでは、民衆が払うローマへの税金の徴収を個人的に請け負ったのが、《徴税人》と呼ばれるユダヤ人たちであった。

らは、不当に多くを取り立てて、私腹(しふく)を肥やしていた。

 

厳格なユダヤ人にとって徴税人は「人殺し、盗賊」と同類であった。彼らは人々から「売国奴、裏切り者」として憎まれた。反ローマ闘争を戦った政治宗教集団の《熱心党》にいたっては、徴税人を暗殺対象として狙っていた。


宗教的には、徴税人は、神の《律法》を知らない《異邦人》と等しい者とされ、《汚れた者》、《罪人》として差別された。彼らは、神を礼拝することも許されなかった。

(参考文献:『聖書人物伝』いのちのことば社、2013年。『図説 聖書人物記』創元社、2009年。W・バークレー『イエスの弟子たち』新教出版社、1967年)

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

November 22, 2015

善い人間と良い時計は、とてもよく似ている。


時計は時間を数える。賢人も、また同様。


「われらの日数を正しく数えることを教え、知恵の心を得させてください」(詩編90編12節)


 どんなに長い一生でも、時間は短い。だから、時計のように、私たちは時を正しく数えるべきである。

 

時計は正確に時間を守る。有用な人間も、また同様。


人に待たされて、どれだけ多くの時間が無駄にされることか。「時間を守ることは王者の礼儀である」と言われる。約束の時間を守らないことは、非礼である。


自分の時間を浪費するのは良くない。しかし、他者の時間を無駄にするのはもっと悪い。

 

良い時計はよく調整され、進みも遅れもしない。賢人は急ぐことも立ち止まることもしない。


急がず騒がず、だからといって遅れももたつきもせず、着々と自分の仕事をこなしていく。

 

時計は内にエネルギーを蓄え、これが時計を動かしている。賢人もまた、内に力を持っている。


「生きているのは、もはや、わたしではない。キリストがわたしのうちに生きておられるのである」(ガラテヤ2章20節)

 

賢人の秘訣は、キリストの生命(いのち)と力を心の内にもつことである。

 

時計は、自分でエネルギーを生み出すことはできない。エネルギーは外部から供給される。同様に善き人間の生は、自分自身の力や方法からは出てこない。

 

インスピレーションの源は、キリストである。彼は、キリストの御霊(みたま)を注がれて、生きるのである。

 

●時計は、故障したとき、これを作った人の手元に戻されなければならない。


私たちの生涯もまた、同じである。人生がうまく行かないとき、私たちが道を踏み外したとき、私たちは、神のもとに立ち帰るほかはない。

 

そのとき、神は私たちを赦し、私たちを修理して、将来もっとよい働きができるようにして、送り返してくださるだろう。

 

祈り 《神よ、瞬(またた)く間に過ぎ行く人生の中で、己(おの)が日々をしかと見つめる知恵の心を与えてください。そして、キリストの不朽の生命(いのち)の中に生かしてください。アーメン。》


(参考文献 D.Duncan: Through the Year with William Barclay Devotional readings for every day,1971)

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

November 3, 2015

一日を神とともに始めよ


神の御(みまえ)を歩むとき、私たちの生活と行動は大きく変わる。

なぜなら、そのとき、《天的なもの》がこの世の生活にもたらされるからであり、また《永遠の光》によって《時間の世界》を見るようになるからである。

そのとき、私たちはすべてのものを正しく見ることができるのである。

 

陰口を言うな


他人の良い所よりも陰口(かげぐち)を言いふらすのが、世間の常である。

お茶を飲みながら他人の名誉を傷つけることを、唯一の楽しみとしている人々がいる。

 

充実した人生を生きるため、私たちは非生産的で無駄な時間の過ごし方は避けるべきである。

 

キリストの良き証人、また伝道者となれ


キリスト教の唯一の広告は、キリスト者の生活ぶりである。生活はウソをつかない。

キリスト者は、キリストの良き証人、《世の光》として生きる努力をすべきである。

 

神の言葉・聖書を学べ


行き先を調べずに、旅に出る人はいない。

聖書は、キリスト者がまことの生命(いのち)に至るための道案内である。

 

キリスト者は自分に向けて語られている神の言葉を見出すため、日々、聖書を学ばなければならない。

 

成長し続けよ


清め」や「清められる」という語は、信仰者としての成長を表す言葉である。そして、新約聖書で「清め」という日本語訳の原語は、ギリシャ語の「hagiasmos(ハギアスモス:αγιασμοs)」である。

-asmos(-アスモス)で終わるギリシャ語の名詞はすべて、「過程」を表している。したがって、「清め」は、「清さにいたる道(過程)」を意味している。

 

成長し続ける道(過程)を経ることによって初めて、人は目標に達することができるのである。

 

心配するな


自分に何がどのような順序で起こってくるかは、摂理(神のご計画)にかかわる事柄であるから、神にお任せすべきである。
いつも心配ばかりしていると力を消耗してしまい、いざ事が起こった場合に、それに対処できなくなってしまう。

 

神は私たちがどのような事態に直面しても、それに対処できる力を与えることのできるお方である。だから、心配は無用である。

 

毎日、決意を新たにせよ

 

私たちは何かを決意しても、すぐにそれを忘れがちである。決意するだけで、後はどうなってもよい、といった具合である。


私たちは、毎日決意を新たにすることによって、日々、人生から挑戦と叱責を受けるのであり、それによって進歩するのである。
イエスは、その力を私たちに与えてくださるであろう。


祈り 《主よ、新たな決意を持って、この一日を神とともに、また神の導きに委ねつつ、世の光として歩むことができるようお導きください。アーメン。》

 

(参考文献 D.Duncan: Through the Year with William Barclay Devotional readings for every day,1971)

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

 

August 2, 2015

神は、わたしたちすべての祈りを、同時に聴く(き)ことのできる方である。

 

どんな時でも、神はわたしたちの祈りを聴いてくださる。


わたしたちが人を訪問する時は、早朝や夜遅く、また相手の仕事中は遠慮するものである。相手の邪魔(じゃま)になるのではないか、仕事を妨(さまた)げるのではないか、多忙で面会してくれないのでないか、と考えるからである。


しかし神は、決して、そのようなことはない。朝早くでも、夜遅くでも、真昼の忙しい時でも、いつでも神は私たちの祈りを聴いてくださるのである。

 

神に祈るのに、人物の大小は関係ない。


神の目には、重要人物と、そうでない人の区別はない。人物の大小に関係なく、誰でも、いつでも、神に近づくことができる。神の目には、大も小もないからである。

 

神に祈るのに、年齢は関係ない。幼すぎるとか、年をとりすぎているとか、いうことはない。


わたしたちは、しばしば、子供や青年たちに「君たちは黙って、聞いていなさい」と言う。しかし、イエスは、「子供たちをわたしのところに来させなさい(ルカ16:16)」と言われた。神に祈るのに、小さすぎるという子供はいない。


また、家族や友人をすべて失い、話をする相手がいない孤独な老人がいる。
孤独は、老年期の最大の問題である。世から忘れ去られた老人だから神と話すことはできない、などということはない。


幼少年期の「怖れ」、青年期の「問題」、壮年期の「疲れ」、老年期の「孤独」―これらはみな、神に訴えることのできるものであり、また神は耳を傾けてくださるのである。
 
●だから、祈りは、人生の危機や危急(ききゅう)の時だけでなく、すべての人の「日々の生活」のためのものである。


神はわたしたち一人ひとりの語る(祈る)ことを、まるで話を聞く相手が一人しかいないかのように、耳を傾けて聴いてくださる。神は、本当にすばらしいお方である。


■神は、祈りに耳を傾けてくださる。世界の祈りに、そしてあなたの祈りに。

 

 

祈り《主よ、どうかわたしを、喜びの時も失意の時も、成功の時も挫折(ざせつ)の時も、いつもあなたに向かって呼ばわり、祈る者としてください。アーメン》

 

 

(参考文献 D.Duncan: Through the Year with William Barclay Devotional readings for every day,1971)

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

June 9, 2015

茶の新芽

 

世界や私たちの状況にもかかわらず、神は私たち一人ひとりと世界を愛し、信じて、救い主イエス・キリストを世に遣(つか)わされた。

そして今も、神は、キリストの十字架によって私たちをご自身のもとへと招いておられる。だから、私たちはキリストにあって・・〕

 

●自分を信じよう
自分のことを大好きになってください。
自分を愛せない人は、他人を愛することができません。

 

●未来を信じよう
いつでも夢と希望を持ち続けてください。
夢と希望は、あなたが未来へと伸びていくための原動力です。

 

●努力を信じよう
続けることの大切さを忘れないでください。
あきらめず努力し続ける人が、夢を実現できるのです。

 

●人間を信じよう
優しい心をなくさないでください。
人を思いやり助けあう気持ちが、あなたを幸せにします。

 

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

May 26, 2015

成功の秘訣

 

大正15(1926)年7月28日、〔軽井沢〕星野温泉若主人(注1)のために書いたもの

 

66翁 内村鑑三 

 


(1) 〔主体的立場を確立し、〕自分の足で立つこと。他人に頼ってはいけない。
(2)〔事業の根〕本を固めること。そうすれば、事業は自ずから発展する。

(3)〔慎重に事を進め、〕急いではならない。自動車なども、なるべく徐行すること。
(4)成功本位の米国型経営をまねてはいけない。誠実本位の日本型経営を手本とすること(注2)。
(5)無駄遣いは罪悪である、と知ること。
(6)天(神)の命
(めい)に聴き従って、行動すること。自ら自分の運命を作ろうと思ってはならない。
(7)使用人は兄弟と思うこと。客人は家族として扱うこと。
(8)誠実によって得た信用は最大の財産である、と知ること。
(9)清潔、整頓、堅実を大切にすること。
(10)人が、もし全世界を儲
(もう)けても、〔その代償として〕自分の霊魂を失ってしまえば、何の利益があろうか。人生の目的は、金銭を得ることではない。〔自らの〕品性を完成することである。

 

以上

 

♢ ♢ ♢ ♢

 

(内村鑑三「成功の秘訣」1926年7月を現代語化、〔 〕、( )内は補足)

 

注1

2代目経営者、星野嘉助氏。

 

注2

星野リゾート代表の4代目経営者・星野佳路氏は、経営に行き詰まった旅館を引き継ぎ、改装とサービスの徹底で再生させ、家業の急成長を果たした。

 

佳路氏は、大資本・市場原理主義の米国型の経営学に対するアンチテーゼ〔対抗構想〕として、ファミリービジネス経営学を提唱、実践し注目されている(参考文献:森永卓郎「読まずにはいられない 米国型経営へのアンチテーゼ」『アエラ』朝日新聞出版社、2014年4月14日号)

 

♢ ♢ ♢ ♢

 

原著

 

大正15年7月28日、星野温泉若主人の為に草す
成功の秘訣

 

66翁 内村鑑三


一.自己に頼るべし、他人に頼るべからず。

 

一.本(もと)を固(かと)うすべし、然(しか)らば事業は自(おの)ずから発展すべし。

 

一.急ぐべからず、自働車の如(ごと)きも成るべく徐行すべし。

 

一.成功本位の米国主義に倣(なら)ふべからず。誠実本位の日本主義に則(のっと)るべし。

 

一.濫費(らんぴ)は罪悪なりと知るべし。

 

一.能(よ)く天の命(めい)に聴(き)いて行ふべし。自から己(おの)が運命を作らんと欲(ほっ)すべからず。

 

一.雇人(やといにん)は兄弟と思ふべし、客人は家族として扱ふべし。

 

一.誠実に由(よ)りて得たる信用は最大の財産なりと知るべし。

 

一.清潔、整頓、堅実を主とすべし。

 

一.人もし全世界を得るとも其(その)霊魂を失はば何の益あらんや。人生の目的は金銭を得るに非(あら)ず。品性を完成するにあり。

 

以上

( )内は補足

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

April 28, 2015

現代語訳

万全の策

      

神はその羽で君を覆(おお)い、  

君はその翼のもとに避け所を得る。

神の真実(まこと)こそ盾また小盾。

(詩篇第91篇4節。関根正雄訳)


神の命令を待て。そうすれば、何事も実現するであろう。神に自己(おのれ)を委ねよ。そうすれば、〔必要な〕力はすべて、君に与えられるであろう。


君は神の所属(もの)であって、君の事業は〔すなわち〕神の事業であるべきである。それゆえ君には、〔自分の〕計画なるものがあってはならない。


君に焦心、憂慮の必要はない。神はご自身で活動される方〔であるから〕、我々は自己を神に献げ〔、神に用いていただけ〕れば〔、それで〕十分である。


自ら計画し、自ら実行しようする時、我々は〔自分の計画に囚(とら)われ、〕神から離絶する者となる。そして勿論、このようなやり方で、我々の手により雄偉な業(わざ)が成し遂げられることはない。


もし我々が、人〔々〕に対して〔真に〕活動的でありたいと願うならば、神に対しては全く受動的であるべきである。   

 

〔 〕、( )内は、補足。

 

♢ ♢ ♢ ♢  

                            
原著          

万全の策 

            
「神その羽をもって汝(なんじ)を庇(おお)い給わん、
汝その翼の下に隠れん、その真実(まこと)は盾なり干(こだて)なり」

(詩篇第91篇4節)

 

神の命を待てよ、然(しか)らば何事も行われん、身を神に任かせよ、然らば凡(すべ)ての力は汝に加えられん、


汝は神の属(もの)にして、汝の事業は神の事業たらざるべからず、この故に汝に計画なるものあるべからず、


汝に焦心憂慮の要あるなし、神は彼れ自身にて活動する者、吾人(ごじん)は身を彼に献ぐれば足れり、


自から計り、自から行わんとして吾人は神より離絶する者なり、而(しか)してかく為(な)して偉大なる行為の吾人の手に依て成らざるは勿論(もちろん)なり、


吾人もし人に対し活動的たらんと欲(ほっ)せば神に対しては全然受動的たらざるべからず。

(内村鑑三「万全の策」『聖書之研究』第1号、1900〔明治33〕年)

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

January 8, 2015

               

強さと優しさを兼ね備えることは、神の大きな恵みの賜物である。
次のことを心にとめたい。

 

強い意志をもちつつ、頑固でないこと

 

 強い意志を持つことと頑固一徹は、別のことである。
偏見と主義を混同してはいけない。自分は主義を大切にしていると言いながら、その実、偏見に固執しているだけということが多い。


 首尾一貫ということは、大きな徳目ではない。確かに、安易に持論を曲げないことは、立派である。しかし、自分の意見を変えるべき時に潔(いさぎよ)く変え、譲るべき時に謙虚に譲ることも、同様に立派である。

 

明確な目的意識をもちつつ、寛容であること


 人生の大きな危険の一つは、自分の知らないこと、分からないことは何でもけなし、信仰のあり方も物事のやり方も、自分だけが正しいとする不寛容の危険である。これは、特に教派主義者の陥りやすい危険である。


 わたしたちは、自分と意見の違う人をけなす前に、まず、その人の声に虚心に耳を傾けるべきである。

 

強い信仰をもちつつ、独善的でないこと


  他の信者を見ると、すぐに、その教義は間違っている、聖書をもてあそんでいる、自分勝手に解釈していると非難し、また、自分と違った信じ方をする者は本物の信仰者ではないと主張する独善的な人が、信仰の強い「福音主義的」な信者に多い。


 しかし、感謝すべきことに、神に至る道は一つだけではない。信仰であれ、体験であれ、誰も、これを独占することはできない。

 

 

 神の共同体(エクレシア)に必要なのは、強さと優しさを兼ね備えた人である。

 

 祈り 《主よ、あなたは、わたしたちが好きになれない人、考え方の違う人のためにもご自身の生命を捧げてくださいました。どうか、わたしたちが、自分と考え方や信じ方の違う人々のことを理解しようと努め、また彼らに寛容の心をもって接することができますように。わたしたちの思いと言葉と行動をあなたの愛と光によって満たしてください。アーメン。》

 

(参考文献 D.Duncan: Through the Year with William Barclay  Devotional readings for every day,1971)

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

※閲覧上のご注意 

(1)PC画面で、本文に信州聖書集会の黒帯が表示される場合は、上部メニュー(青帯)の「ホーム」→「日々のかて」の順にクリックして閲覧すると、黒帯の表示が消えます。

(2)スマートフォン画面では、現在、閲覧中のタイトル名をタッチすると、他のタイトル一覧が表示されます。

Please reload

Please reload

最近のタイトル
Please reload

過去のタイトル月別検索
Please reload

おすすめのタイトル

日々のかて003〖万全の策〗(現代語訳、原文付)

April 28, 2015

現代語訳

万全の策

      

神はその羽で君を覆(おお)い、  

君はその翼のもとに避け所を得る。

神の真実(まこと)こそ盾また小盾。

(詩篇第91篇4節。関根正雄訳)


神の命令を待て。そうすれば、何事も実現するであろう。神に自己(おのれ)を委ね...

1/3
Please reload

© 信州聖書集会 All rights reserved.