キーワード検索

日々のかて003〖万全の策〗(現代語訳、原文付)

現代語訳 万全の策 神はその羽で君を覆(おお)い、 君はその翼のもとに避け所を得る。 神の真実(まこと)こそ盾また小盾。 (詩篇第91篇4節。関根正雄訳) 神の命令を待て。そうすれば、何事も実現するであろう。神に自己(おのれ)を委ねよ。そうすれば、〔必要な〕力はすべて、君に与えられるであろう。 君は神の所属(もの)であって、君の事業は〔すなわち〕神の事業であるべきである。それゆえ君には、〔自分の〕計画なるものがあってはならない。 君に焦心、憂慮の必要はない。神はご自身で活動される方〔であるから〕、我々は自己を神に献げ〔、神に用いていただけ〕れば〔、それで〕十分である。 自ら計画し、自ら実行しようする時、我々は〔自分の計画に囚(とら)われ、〕神から離絶する者となる。そして勿論、このようなやり方で、我々の手により雄偉な業(わざ)が成し遂げられることはない。 もし我々が、人〔々〕に対して〔真に〕活動的でありたいと願うならば、神に対しては全く受動的であるべきである。 〔 〕、( )内は、補足。 ♢ ♢ ♢ ♢ 原著 万全の策 「神その羽をもって汝(なんじ)を庇(おお)い給わん、 汝その翼の下に隠れん、その真実(まこと)は盾なり干(こだて)なり」 (詩篇第91篇4節) 神の命を待てよ、然(しか)らば何事も行われん、身を神に任かせよ、然らば凡(すべ)ての力は汝に加えられん、 汝は神の属(もの)にして、汝の事業は神の事業たらざるべからず、この故に汝に計画なるものあるべからず、 汝に焦心憂慮の要あるなし、神は彼れ自身にて活動する者、吾人(ごじん)は身を彼に献ぐれば足れり、 自から計り、自から

最近のタイトル
過去のタイトル月別検索
おすすめのタイトル

© 信州聖書集会 All rights reserved.