信仰と人生

詩歌 016

2015年12月 6日

竹内英子

人物紹介へ

〖幸せ〗

評伝へ    

アカシヤの花

ベッドの上に寝(やす)んでいても
みずみずしい新緑の色を眺め
アカシヤの花の甘い香りを楽しみ
カッコウの声を聴く幸
(しあわ)

 

寄せられた愛の手紙に
返事をしたため
眼鏡
(めがね)もかけないで
文字を読む幸せ

 

仰向(あおむ)に寝たままでも
床ずれの痛みを知らず
安らかに眠れる幸せ

 

与えられた一つ一つの幸せを
しみじみとかみしめる

 


♢ ♢ ♢ ♢

 

竹内英子『希望』浜松聖書集会、溝口正編集、1990年)

- 016-

© 信州聖書集会 All rights reserved.