信仰と人生

詩歌 015

2015年11月  6日

八木重吉

 

〖素朴な琴〗     

紅葉

このあかるさのなかへ


ひとつの素朴な琴(こと)を置けば


秋の美しさに耐えかねて

 

琴はしずかに鳴り出(い)だすだろう

 

 


♢ ♢ ♢ ♢

 

(八木重吉『神を呼ぼう』新教出版社、1961年

- 015-

© 信州聖書集会 All rights reserved.