信仰と人生

詩歌 012

2015年8月26日

竹内英子

人物紹介へ

 

ちんこんか

〖鎮魂歌〗 

〔-天に帰った母よ-〕   

 

評伝へ

たんぽぽの綿毛

この世に生まれて70年 身に余る重荷を背負い
最後までその道程
(どうてい)を立派に歩み通した母よ

 

あなたは次々と襲いくる人生の嵐と争い
雄々
(おお)しく戦った

 

労苦の限りを尽くして耐え忍び 己(おの)れのための
楽しみを知らず
この世ではついに休息を知らなかった

 

この世のあらゆる試練と戦って屈せず
不屈の精神をもったあなた

 

勝ちぬいて天に帰った母よ
今こそ静かに休んでください

 

何の重荷もなく すべての戦いを終わって
(わずら)いも怖(おそ)れもなく
永遠の休息と平和の中に
心から楽しんでください

 

地上におけるあなたの労苦に
神が豊かに報いてくださるように
あなたの心の深い傷をいやし
すべての涙を痕
(あと)もなくぬぐってくださるように

 

清く満ちたりた平安と歓びの中に
あなたを住まわせてくださるようにと
心から私は祈る
そのような美しい世界こそが
あなたの生涯に相応
(ふさわ)しいものなのだから

 

あなたの地上の苦しみが
あなたの輝く光栄となり

 

その悲しみが
あなたの喜びの冠
(かんむり)となりますように

 

あなたの愛と犠牲とが
白く清らかな衣裳
(いしょう)となって
あなたを包み装
(よそお)うようにと私は願う

 

静かに天に帰ったあなたに
私は限りない感謝を捧げる

 


♢ ♢ ♢ ♢

(竹内英子『心の灯火ともしび』タイプ印刷、1973年)

- 012-

© 信州聖書集会 All rights reserved.