<はじめての祈り

日々の祈り

第2日

 

ああ主よ、われは深き淵より主を呼べり。願わくは、わが声に耳を傾けたまえ。

(讃美歌第2編227)

〖朝の祈り〗

 

愛する神さま、
御名
(みな)の栄光を讃美いたします。


神さま、あなたによって新たな一日が与えられたことを感謝いたします。

 

この一日をあなたの望まれるものとさせてください。


今日、与えられた時間を大切にし、自分が為(な)すべきことを知り、実行できるようにしてください。


また、大切な機会を逃(のが)すことがないようにしてください。


新しいことを学ぶ機会、人を助ける機会、人々に愛を示す機会を逃すことがないようにしてください。


今日、人と争うことがないように、また何が起こっても、心を平静(へいせい)に保つことができますように。


希望をしっかり保ち、また、私が出会う人々を失望させることがないようにしてください。


今日一日、神さまを忘れることがないようにしてください。


私のなす業(わざ)が神さまの心にかなうものとなり、私の語ることが神さまの耳にかなうものとなるよう、努力できますように。


主イエス・キリストの御名によって、お祈りいたします。

 

アーメン

〖夕の祈り〗

 

愛する天の父なる神さま、

 

今夜も、苦しみの中にいる人々をお恵みください。


愛する者を亡(な)くして、悲しみの中にいる人々、
愛する者の病気のために、心配している人々、
愛する者を送り出して、寂
(さび)しさの中にいる人々をお恵みください。

 

また、過重の仕事を抱(かか)えて、疲れている人々、
貧しさのため、必要なものにも事
(こと)欠く人々、
ひどい扱いを受け、傷つき、悲しんでいる人々をお恵みください。


私が利己的になって、不幸の中にいる人々のことを忘れたりすることがないようにお導き下さい。


ほかの人々の必要を覚えて、できる限りの援助ができますように。


主イエス・キリストの御名によって、お祈りいたします。

 

アーメン

- 002 -

© 信州聖書集会 All rights reserved.