10月<内村鑑三「一日一生」現代語訳

 

10月21日~10月25日

(2017年 11月22日更新)

 

このページは、山本泰次郎、武藤陽一編『 一日一生』(教文館、1964年)を現代語化したものです。

【10月21日】キリストの福音を要約すれば(キリストの福音)

キリスト・イエスは、罪人(つみびと)を救うためにこの世にきて下さった」という言葉は、確実で、そのまま受けいれるに足るものである。

 

わたしは、その罪人のかしらなのである。


しかし、わたしがあわれみをこうむったのは、キリスト・イエスが、まずわたしに対して限りない寛容を示し、そして、わたしが今後、彼を信じて永遠のいのちを受ける者の模範となるためである。


世々の支配者、不朽(ふきゅう)にして見えざる唯一の神に、世々限りなく、ほまれと栄光とがあるように、アァメン。 (テモテ第一 1:15~17 口語訳)

キリストの福音(ふくいん)を要約すれば、こうである。

すなわち、キリスト・イエスは罪人を救うために〔この〕世に来てくださったとのことである。

 

これは、確かに喜びのおとずれである。罪人が信ずべき、また全身全霊で歓迎すべき音信(おとずれ)である。

 

なぜなのか、〕その哲学的説明を待つ必要はない。

 

それ(福音)、罪人の最も渇望(かつぼう)する音信であるがゆえに、彼は熱情をもって、これを〔信じ〕受けるのである。

 

キリストの福音は、罪人のための福音である〔。自ら善人と誇る者のためのものではない〕。

 

ゆえに罪人でない者、すなわち自分が罪人であることを認めない者は、この福音を信じず、また全身全霊で歓迎しないのである。(注14・40)

♢ ♢ ♢ ♢

【10月22日】キリスト教はどう見ても

♢ ♢ ♢ ♢

005

© 信州聖書集会 All rights reserved.