信仰と人生

詩歌 046

2019年5月26日

八木重吉

 

イエスの名を呼ぶこと

* * * *

イエスの名を呼ぶこと

イエスの(すがた)を心に描くこと(注1)

イエスについて人に述べること

できるかぎり人をゆるし、人にやさしくし

素直な瞳(ひとみ)をもちつづけること

そういうことを趣味にしたい

結局 いつもそこへ考えが落ちてゆくようにしたい

ものの尺度がそこへ落ちてゆくようにしたい

​イエスに近づくために 最後の一銭(いっせん)を支払うことが出来るようになりたい

♢ ♢ ♢ ♢

(『底本 八木重吉詩集』彌生書房、1959〔昭和34〕年。( )内、下線は補足)

注1 イエスの姿(「Passion of Christ」より)

詩歌030八木重吉〖ひとすじの道〗注1-2映像「勝利者イエスからの慰めと励まし」

- 046-

© 信州聖書集会 All rights reserved.