<信仰と人生

詩歌 036

2018年9月14日改訂

八木重吉

 

〖 雨 〗

新しい芽

雨の音がきこえる
雨が降っていたのだ

〔神が許されるなら、わたしも〕

あの音のようにそっと 世のために働いていよう
〔働きを終えたら〕雨があがるように しずかに死んでゆこう(注1)

♢ ♢ ♢ ♢

(『母の瞳』1925〔大正14〕年9月17日編)

注1 男声合唱組曲『雨』

多田武彦作曲「雨(男声合唱組曲『雨』より)クリックして、YouTubeへ

​作詞:八木重吉 作曲:多田武彦

演奏:西条高校

【ご注意】

PC画面で、上記の紫字の曲名をクリックしてもYou Tubeが開けない場合

上記の紫字曲名を右クリックし、

表示されたメニューの中の「新しいウィンドウで開く(N)」を選択してください。

- 036-

© 信州聖書集会 All rights reserved.