7月内村鑑三「一日一生」現代語訳
 
7月16日~7月20日
(2021年 6月14日更新)

このページは、山本泰次郎、武藤陽一編『 一日一生』(教文館、1964年)を現代語化したものです。

716日】正義の小学-福音の大学の前提   

♢ ♢ ♢ ♢

717日】まことの謙遜

♢ ♢ ♢ ♢

718日】神がわれらに求めるもの

そこで彼ら(弟子たち)が、「神の業(わざ)を行うためには、何をしたらよいでしょうか」と言うと、 イエスは答えて言われた。


神がお遣(つか)わしになった者〔である私〕信じること、それが神の業である」。

(ヨハネ 6:28、29 聖書協会共同訳)

ある時われら〕は、無益(むえき)に一日を送って、〔神と人々に対し〕非常に済まなく感じる。


その時〔われらは〕、「主よ、この無益な僕(しもべ)をあわれんで下さい」と叫ばざるを得ない。

事業(活動・仕事、Work)なしの一日は、失われた永遠の一部分のように感じられる〔からである〕。


しかしながら、翻(ひるがえ)って〔私は〕思う。


働くだけが人生ではない。労働に果てしがない。

 

〔間〕には労働以上の仕事がある

それは信じることである。


私が今、肉〔体〕において生きているのは、私を愛し、私のために〔ご自〕身を献(ささ)げられた神の〔御〕子〔キリスト〕に対する信仰によるものです」〔と聖書にあるとおり〕である(ガラテヤ書 2:20 新共同訳、注1)。

そうして、われらがしばしば信じることをやめて、ただ働くことだけを求めるがゆえに、神は〔時々、〕われらから労働の機会と能力と精神を奪って、われらが何事もできないようにされるのである。


神はわれらにまず第一に、信頼の心〔=信仰、Faith〕要求される〔。

 

キリスト教は、儀式(サクラメント)ではない信徒をせき立てる奉仕活動でもない

真正(ほんとう)キリスト教は、キリストを信じることである。ヨハネ 6:29参照〕。


神に〕依(よ)り頼むことは、働くことよりもはるかに善(よ)きことである〔。

そしてすべての良きことは、ここから始まり、ここに終わる〕。

 

われらは、自己(おのれ)を神に明け渡し静かに待って、自己を通して神に聖旨(みこころ)を成し遂げていただくのである。〕

 * * * *

(1919年12月『聖書之研究』所収「ただ信ぜよ」の抜粋を現代語化。〔  〕、(  )内、下線は補足。信16・81、82)

注1 ガラテヤ書 2:20 の別訳

私が今、肉〔体〕において生きているのは、私を愛し、私のためにご自身を献(ささ)げられた神の〔御〕〔キリスト〕の真実によるものです」。(聖書協会共同訳)

神学・論文012〖恩寵義認と無教会の無条件救済論〗

♢ ♢ ♢ ♢

【7月19日】神の事業としての職業

【ご注意】

PC画面で、上記の青字題名をクリックしてもYou Tubeが開けない場合

上記の青字題名を右クリックし、

表示されたメニューの中の新しいウィンドウで開く(N)」を選択してください。

004 -