信仰入門

無教会入門 021

2022年2月16日改訂

石原 兵永

 

内村鑑三と無教会 ⑵

原題「内村先生と無教会」

内村鑑三と無教会〗    ⑶   ⑷  

* * * *

〔 2 

回心と無教会

〔2①〕
無教会信仰とは、一体、どういうものでしょうか。

 

私はこの講演のために、3日ほどかけて『内村鑑三全集』〔全〕20巻に目を通し、直接、無教会について書かれた先生の文章を調べました。

 

なるほど、この問題を直接に論じた文章もたくさんあります。

しかしよく見ると、それ以外の先生の文章の至る所に、同じ《無教会精神》が脈々と流れており、その一つ一つの言葉が、この信仰に息づいている〔ことに気づく〕のです。

 

(いな)〔先生の文章だけでなく、〕実は先生の人物、信仰と思想、生涯の実践そのものが無教会的であるのを知りました。

 

私は先生の特定の文章〔を抜き出して、そ〕の上に無教会論を組み立て〔て、報告し〕ようとの考えをやめました。〔なぜなら、〕その必要がないからです。

 

それよりも、先生の信仰そのものを見れば良い。無教会とは要するに、先生の信仰から生まれた自然な結果にすぎないからです。

 

〔2-②

先生は幼少年時代からすでに、神を信ずる熱心を心に宿していました。

その信仰は最初は神社宗教の形をとり、やがて札幌農学校でキリスト教信仰に回心したのです。

 

しかし先生の信仰を決定的なものとしたのは、言うまでもなく、アメリカで経験された回心です。

 

先生の回心は〕1886(明治19)年3月8日、先生が数え年26歳の時です。

その日の〕日記に次のようにあります。
38日。私の生涯で最も重大な日。

キリストの(あがな)いの力が今日ほどはっきりと私に啓示されたことは、かつてなかった。

 

神の子の十字架において、これまで私を苦しめてきたあらゆる難問題の解決がある。キリストは私の一切の負債を支払うことにより、私を堕落以前の純潔と無罪に返(かえ)すことができる。


今や私は、神の子供である。そして私の義務は、イエスを信ずるにある。

 

(イエス)』ために、神は私の望むものをすべて与えてくださるであろう。神はご自身の栄光のために、私を用いられるであろう。そして遂には、私を天の救いに入れてくださるであろう」。

(How I Became A Christian. Chapter Eight.『全集』15巻120ページ)


〔2③〕

回心というのは要するに、キリストによる救いの経験です。〔実際に〕神の子キリストの十字架の贖いによって罪から救われ、神の子としての恵みに与(あずか)った、との経験です。

 

単に贖罪(しょくざい)の教義が〔頭で〕分かったというのではない。

実際に、〔先生は〕キリストの贖いの力に接したのです。「啓示された」とあるように、その力が神からの恩恵として〔じかに〕臨んだのです。

〔2④〕

教義神学〕はいかに立派で〔深遠なものであって〕も、〔それ自体に〕人を救う力はありません。

 

圧倒的な〕《生けるキリスト》の力が、先生を救ったのです。〔救いできごとの〕すべてが、キリストの力、神の恵み〔によるもの〕です。これが先生の経験した救いです。

 

救済のわざの〕全部(すべて)が、神のものです。

 

そこには人間的条件は何ひとつ、介入しません〔。また介入の余地はありません〕。人はただ信仰をもって、感謝してその〔救いの〕恩恵(めぐみ)に与(あずか)るのみです。

 

ですから、先生は言われました。

私の義務は〔、救い主〕イエスを信ずる〔こと〕にある」と。これが先生の信仰であり、信仰の全部(すべて)です。

 

まことに、〕単純そのものです。そして無教会〔信仰〕とは、ただこの信仰だけに生きることにほかならない〔のです〕。

 

そして、〕この〔回心の〕時から生涯の終りにいたるまで、先生の信仰は少しも変りませんでした。

晩年の〕1928〔昭和3〕年、先生は〔次のように〕書いています。


教会も聖書も、われらに自由を与えない。ただ御子〔イエス〕だけが、われらを自由にする

 

プロテスタント教〔と〕は、復活し、今、生きておられる〔活ける〕神の御子イエス・キリストを信ずる以外のことではない」と。

(「新プロテスタント教」、『全集』15巻536~537ページ、『著作集』7巻289ページ)

〔2⑤〕

要するに、先生の経験された救いとそれに基づく信仰は、使徒パウロのそれと同じです。

〔つまり、〕「人が〔神の前に〕義とされるのは、律法の行いによるのではなく、信仰による」ということです(ローマ人への手紙3章28節、パウロの言葉)。


パウロの場合、「律法の行い」とはユダヤ教会(教団)の定める宗教的誡律(かいりつ)を指〔しま〕す。

パウロは、救いのためには、それら(ユダヤ教団の)一切の宗教儀式や誡律を守る必要はない。ただ救い主イエス・キリストを信ずる信仰によって〔人は〕救われる、と言ったのです。

         
〔2-⑥

内村先生はこの信仰の原則を、 〔教会史の伝統による「律法の行い」としての〕教会〔制度〕とその定める儀式や典礼(=洗礼や聖餐など 注1)に当てはめただけです。

 

つまりキリストによる救いと、その救いに基づく信仰生活のためには、教会制度〔による儀式や戒律、組織〕〔無くてはならぬ〕必要条件ではなく、ただキリストを信ずる信仰だけでよい、と〔先生は〕主張したのです。

これが、キリストの福音から必然的に生まれた無教会信仰だったのです。

 

先生自身のことばによれば、要するに、無教会〔主義〕は宗教改革者M・ルターが主張したプロテスタント主義(「信仰のみによる救い」)を、その論理的帰結にまで徹底させたものです。

〔2⑦〕

先生は言います。〕
「〔宗教改革の仕直しによる〕新プロテスタント主義は〔、人為的宗教性から〕完全に自由であって、その内に教会主義の痕跡
(こんせき)さえとどめないものでなければならない。

プロテスタント主義によるエクレシアは、〕制度〔的組織体〕ではなく〔、キリストを首(かしら)とする信徒の〕親しき〔愛の〕交わりであり、〔宗教〕組織または〔勢力〕団体ではなく、霊魂の自由な交わり〔すなわち、キリストにある霊的・人格的共同体〕でなければならない。

実際的に言えば、それは、神の子イエス・キリスト以外の誰をも監督、または牧師と呼ぶことのない、〔また、救済機関としての制度〕教会を必要としないキリスト教でなければならない。

そして神は、この日本において、このような〔、イエス・キリストのみを信じ仰ぐ〕キリスト教が現れることを望んでおられないと、誰が言えるだろうか。

人類の霊的向上の歴史において試みられるべき、この新しい試み、すなわち、日出(い)ずる〔極東の〕国においてキリスト教の根本(=イエス・キリストその人のもたらした福音)に遡(さかのぼ)り、これを新たに始めようとする偉大な試みが、われら日本人の間で試みられるべきではないと、誰が言えるだろうか。

神よ、われらに聖霊を〔豊かに〕注ぎ、われらの内に大望(たいぼう)を起こし、この大事に当たらせてください」。

(「宗教改革仕直しの必要」『聖書之研究』333号、1928(昭和3)年、『全集』15巻535ページ、『著作集』7巻287ページを現代語化)。

〔2⑧〕

制度教会とその儀礼、聖職者階級を必要条件としない〕この無教会キリスト教は確かに、世界のキリスト教史上まったく新しい試みであり、真に独創的なものです。

 

しかしこれは、決して人間的な思いから出た新奇な思いつき〔など〕ではありません。それどころか、「キリスト教の根本に溯る」ことです。

 

先生の経験によれば、〔無教会信仰は〕回心に基(もと)づく信仰、つまり生けるキリストを信ずる信仰に、あくまで生きぬこうとする〔、その結果としての〕生き方です。

 

私の義務は、イエスを信ずることにある」と言われたのが、それです。

 

パウロの言葉によれば、「私が今、肉にあって生きているのは、私を愛し、私のためにご自身を献げられた神の御子を信じる信仰によって、生きているのである」となるでしょう(ガラテヤ人への手紙2章20節。口語訳)。

〔2-⑨

イエスを信じて生きるというのは、幼児がすべてを母に委(まか)せてすがるように、救い主キリストにすべてを委せて、その導きのままに従う生き方(=キリストへの信従)です。

 

そうすればこのキリストにあって、神はすべての望むものを、御心のままに与えて下さる。聖霊によってなすべき仕事を命じ、またそれを行う力を与えてくださる。

 

その信仰生涯には、恩恵とともに多くの苦しみもまた来(きた)るであろう。しかしそれらすべてを通して、神は信ずる者を用いてご自身の栄光を表わされるのです。

(イエス)ために、神は私の望むものをすべて与えてくださるであろう。神はご自身の栄光のために、私を用いられるであろう。」と、先生の回心日記にあるとおりです。

そしてそのことが、パウロの言う「イエスを信ずる信仰によって生きる」ということの実際的な意味です。

 

〔2⑩〕

この点を正しく理解することが、内村先生の無教会信仰の何たるかを知る上で、最も大事であると私は考えます。

 

つまり、〕回心の第一はキリストによる救いであり。第二はその救い主キリストを信ずる信仰に生きること〔、キリストへの信従〕です。


第一の点については、《十字架の信仰》として、すべての無教会信者が最も熱心に論じています。言うまでもなくそれは《福音》の中心、内村先生の信仰の根本です。

 

しかし第二の点〔、つまりキリストへの信従〕は、多くの無教会信者によって閑却されているうらみがありませんか。

 

ところが〔閑却されて良いどころか〕実は、〔十字架の信仰とキリストへの信従の〕両者は一体的に結合されており、〔決して〕切り離すことはできません。

キリストに救われた者が、キリストの霊に導かれ〔、キリストに信じ従っ〕て〔この世を〕生きるのです。

 

実際、〕ここからキリスト者としての、また〔独立〕伝道者としての先生の生涯が始まったのであり、そしてまた、無教会信仰に生きぬかれた先生の真面目(しんめんぼく)が発揮されたのです。

〔つづく〕
 

♢ ♢ ♢ ♢

(出典:石原兵永「内村先生と無教会」、鈴木俊郎編『内村鑑三と現代』112~117項より引用。( )、〔 〕内、下線は補足。一部表現を現代語化

注1 洗礼・聖餐の起源について

聖書学001 高橋三郎〖洗礼・聖餐の起源と福音

- 021