病むときの祈り初めての祈り祈りの部屋

慰めと励ましの祈り 07

2021年4月12日改訂

回復の途上にあるとき

 

安らぎの音楽と映像

 "ひとりの時に聞きたい賛美歌・聖歌BGM" ~リラックス、ヒーリング~

映像右下部の全画面表示アイコンをクリックすると、画面一杯に拡大表示されます。

* * * *

 

神様(天のお父様)。

回復への道をここまでお導きくださり、ありがとうございます。


こうしてふたたび、自分の足で立てるようになり、わずかなことでも自分でできるようになって、私は本当に嬉(うれ)しいのです。


そして何よりも喜ばしいのは、明るく前向きな気持ちを取り戻せたことです。


神様。

私が、私の健康の回復のために労し、祈ってくれたすべての方々への感謝を忘れることがありませんように。


すべての背後にあって、またすべてのことを通して助け導いてくださった神様。

あなたに心からの感謝を捧げます。

しかし神様。

私になお、忍耐力をお与えください。


回復を急ぎ焦(あせ)って、沢山のことをやり過ないように自制できますように。


一方、療養のために指示された基本的なことは、根気よく続けることができますように。


また、治療の必要を知り、配慮してくれる人の言葉に素直に従うことができますように。


そうすれば(やまい)が癒(い)やされたとき、きっと今回の療養経験が役立ち、社会生活と仕事の両面において物事をしっかり、やり遂(と)げることができるでしょう。

私は旧約(きゅうやく)の詩人とともに、あなたを讃美します

「わたしは心を尽くして〔神〕ヤハヴェを待ち望んだ。


  〔すると〕彼は耳を傾けてわが叫びを聞き
わたしを滅びの穴、
  泥沼から引き上げ


わが足を巌(いわお)の上に立たせ
  わが歩みを堅
(かた)くされた。


〔また〕彼はわが口に新しい歌、
  われらの神への讃美の歌を授
(さず)けてくださった」。
(詩編 40:2~4a  関根正雄訳、月本昭男訳参照)                                                     
神様。

今日までのお支えと導きを感謝いたします。

どうか、これからも私の進むべき道を示し、開いて下さい。


イエス・キリストの御名(みな)によって祈ります。

アーメン。

♢ ♢ ♢ ♢

(参考文献:小塩トシ子訳、ウィリアム・バークレー著『慰めの祈り-病むときに』日本キリスト教団出版局、2005年、52~53項。原著:W.Barclay:Prayers for Help and Healing,Harper Collins Publishers Ltd.1968)

次のページへ

007-